愛するワンちゃん猫ちゃんの弔い!ペット火葬における基本知識や疑問にお答えいたします!

このサイトでは、ペット火葬における基本知識について、火葬の種類はいったいどんなものがあるのか、お骨は残せるのかなど、それぞれの種類と特徴を説明しています。
火葬の種類によって、お骨の埋葬方法も異なってきます。
火葬についての知識をしっかりと理解することで、それぞれ合ったものを選ぶことができます。
家族の一員である大切なペットのため、しっかりとお見送りをしてあげられるように、最後まで飼い主の務めを果たしましょう。

愛するワンちゃん猫ちゃんの弔い!ペット火葬における基本知識や疑問にお答えいたします!

ペット火葬の種類は、大きく4種類に分かれます。
立会個別火葬と個別一任火葬、そして合同葬と訪問火葬です。
立会個別火葬と個別一任火葬では、ペットちゃんを個別に火葬しますので、お骨を残すことができます。
合同葬は、他のペットちゃん達と一緒に火葬するため、お骨を残すことができず、火葬後はペット霊園の墓地などへ納骨供養されお墓に共同に埋葬されます。
訪問ペット火葬は、火葬車がきてその場ですぐに火葬してくれるものと、ご遺体を引き取り後日お骨をお渡しするものとがあります。
これらのペット火葬についての基本知識をきちんと理解して選ぶようにしましょう。

ペットが亡くなってすぐやるべき事!ペット火葬に特化した霊園への連絡と手続きについて

ペットと生活している中でいつかは最後のお別れをする時がくるので、最後の時の事も考える事は飼い主にとって重要な役割でもあります。
亡くなった際は供養方法としてペット火葬を希望する飼い主は多くいますが、実際に選べる業者はとても多いので出来れば事前にチェックしておく事が大切です。
特にペット霊園では合同で埋葬するタイプや個別埋葬の他、飼主と一緒にお墓に入る事ができる霊園もあります。
利用したい供養方法を事前に決めておき、ペット火葬も含めて把握しておく事が大切です。
また実際に手続きに必要な書類や連絡方法なども、事前に調べておく事でスムーズに依頼する事に繋がります。
特に人気のある場所の場合、予約が必要な場合もあるので把握しておく事が重要です。
ペットがなくなるまえに火葬方法など調べるのは縁起が悪いと感じる飼い主もいますが、いざその時が来た時に慌ててしまう事は想定されます。
ペットと納得できる最後のお別れや供養を希望するのであれば、事前に調べて準備をしておく事が大切です。

ペット火葬を公営霊園で執り行う場合の費用相場について

犬や猫以外にも小動物をペットで飼育されている人も多いかと思われますが、小動物が死んだときなどは庭などに埋葬するのではなくペット火葬を行う人も多くなっていて犬や猫などと同じく、ペット葬儀を専門にしている会社に依頼するもしくは公営化相場を利用するなどの2つの依頼先における選択肢があります。
住まいの住所を管轄している火葬場が公営の火葬場に相当するのですが、ペット火葬の費用は1,000円から1万円が相場といわれています。
民営の金額と比べるとかなりリーズナブルな値段になって来るのですが、一般的な火葬場は人間の火葬を行うための施設でその一角に動物専用の火葬炉が設けてあり、そこで他の動物と一緒に処理が行われる関係から金額そのものが安くなっているわけです。
また、他の動物とまとめて処理が行われますので自分のペットだけの遺骨を返して欲しいなどの要望を聞き入れて貰えないなど、遺骨をお墓に埋葬したいときなどは民営のペット火葬がおすすめです。

ペット火葬を民間の火葬業者で行う場合の費用相場について

ペット葬儀を専門にしている会社は、ペット霊園や自社が運営するペット火葬施設で火葬式を執り行うことができるようになっています。
これは民間の火葬業者によるペット火葬になるのですが、費用相場は動物の種類や大きさにより異なります。
例えば、猫などの場合は体重が2~5kgのペットでは、合同火葬では16,000円から2万円、一任個別火葬では21,000円から24,000円、立会個別火葬では23,000円から25,000円といわれています。
この金額は、チワワやトイプードルなどのような小型犬の場合も同じくらいの金額になるので同等と考えても構いません。
体重が5~10kgになると、金額はアップすることになるのですが、立会個別火葬では27,000円から35,000円、柴犬やビーグル犬など体重が10~25kgになると37,000円から45,000円です。
ゴールデンリトリバーなど体重が25~40kgの場合は47,000円から55,000円で、土佐犬やセントバーナードなどのような体重が40kgを超える場合は57,000円以上が費用相場といわれています。

ペット火葬にかかる所要時間について

ペット火葬の所要時間を「動物を火葬炉に入れてから骨になるまでの時間」とすると、これはペットの大きさや状態、火葬炉の性能などによって異なります。
基本的には大型の動物であるほど、時間がかかると考えておくと良いです。
ペット火葬にかかる時間の目安について例示すると、ハムスターをはじめとした小動物は30分前後、猫や小型犬だと1時間前後、それより少し大型の動物だと1時間30分程度で、さらに大きな動物になると2~3時間はかかります。
個別立会火葬を選択した場合は、作業が完了するまでは施設内で待つ必要があります。
終わるのがお昼を過ぎるようであれば、待機中の昼食をどうするのかも事前に考えておく必要があるでしょう。
なお、参列者の移動時間や葬儀、お別れの時間、納骨などを含めた個別立会のペット火葬全体の所要時間は、火葬の時間に1~2時間程度加えたものになります。
これを参考に、ペット火葬を執り行う日時を決めるようにしましょう。

著者:中村栄一

筆者プロフィール

奈良県奈良市生まれ。地元でペット火葬業者を運営。愛するペットの火葬で後悔しないために記事をまとめました。
ペット火葬 奈良