ペット火葬後の埋葬方法にはどういったものがあるのか?

ペット火葬後の埋葬方法にはどういったものがあるのか?

従来番犬として生きて来たワンちゃんは、一戸建てなどの場合であれば土葬するのが一般的だった時代もありましたが、最近はペット火葬を行って遺骨を埋葬するスタイルが一般的になっています。
ペット火葬には、自分のペットだけを火葬する個別火葬と他のペットと一緒に火葬する合同火葬の2種類があり、後者の場合は遺骨が他のペットのものと混ざってしまうため合同墓地などで供養が行われる形になります。
仮に、自分のペットだけの遺骨を残しておきたい、自宅のお墓に一緒に安置したいとなったときには個別火葬を利用すれば火葬場での葬儀や骨拾いなどもできるなど供養に繋げることができます。
霊園などの場合は、骨壺に入れたものを専用のお墓に納骨するスタイルもありますし、他のペットと同じお墓に入れるときなどは遺骨を粉砕して安置したり、人間の自然葬の一つでもある樹木葬と同じように樹木の周囲に散骨するやり方などもあるので飼い主さんの考え方で決めることができます。

ペット火葬の後は合同供養塔に納骨することもできる

ペットが永眠した時は、土葬するのではなくペット火葬を行って大切な家族の一員だった動物たちを弔う人もいるでしょう。
ペット火葬は専門の火葬場で行うこともあれば、移動式の車による自宅訪問火葬を依頼することもあります。
では、遺骨になったペットたちはその後はどのように埋葬すればいいかをご紹介します。
壺に納められた遺骨を自宅に置いておく人もいれば、少し時間を置いてから庭などに埋めてお墓を作る人もいます。
墓地の許可があれば人間のお墓に一緒に納めることもできますし、ペット専用の霊園にお墓を作って納骨するケースもあります。
でも、いつまでもお墓参りができるとも限らないので、合同供養塔などに納骨して合同供養するのも一案です。
動物供養塔に納骨すれば他のペットたちと一緒にお墓に入れるので、寂しい思いをせずにすむかもしれません。
個別のお墓を用意するより安く済ませることができるし、自分が高齢になったり引っ越したりしてなかなかお参りにいけなくなっても安心です。

著者:中村栄一

筆者プロフィール

大分県日田市生まれ。